ヒラノギターカンパニーについて

ヒラノギターカンパニー
製作家 平野 邦昭

高校卒業後に単身渡米、2000年にアリゾナ州にあるギター製作修理学校Roberto Venn School of Luthieryを卒業、帰国後は独学で製作修理を学びながら地元楽器店に勤務。その後、友人の工房を間借りしながら製作活動を続け、2008年に地元北九州に工房を構える。1978年12月9日生まれ。

コンセプト

今より少し昔、遥か海の向こうの大国アメリカでは、それまでの主流であったガット弦のギターに代わって、より大きな音のする鉄の弦を張ったギターがつくられるようになってきていました。その頃はまだ今ほどメジャーな楽器でなかったギターの生産量は、今とは比べものにならないほど少ないものでした。腕の良い職人達が材料を厳選し、ひとつひとつ手作業で楽器をつくりました。彼らの想いはただひとつ、「とにかく良い音のする楽器を作って、世の中にアコースティックギターの素晴らしさを伝えたい」…と、これはあくまでも想像ですが、きっとこんな想いだったのではないでしょうか。Hirano Guitar Companyは、そんな時代の職人魂に最大の敬意を払い、ただただ良い楽器を作ろうとしていたその頃の工法を大切に楽器づくりに取り組んでいます。古き良きを愛し、音楽を愛する皆様と共に素敵な時間を過ごしてゆければと考えております。

In the United States of America before World War II, a steel-stringed guitar replaced a gut-stringed guitar that had been widely popular throughout the world, because the steel strings produce a brighter and louder sound. At that time, a guitar did not have as great popularity as it does now. The production of guitars was incomparably lower than that in these days. Skillful luthiers selected materials for stringed instruments carefully and made guitars one by one in smaller operations focusing on handcrafting. It can be imagined that their greatest disire was "to make the instruments produsing the good sound and to get the excellence of acoustic guitars known to the world." Hirano Guitar Company, which pays its deepest respect to the spirit and craftmanship of the predecessors, is engaged in making good instruments by following their method of the acoustic guitar making. We hope that we will be able to spend the splendid time with all of you that love music and above all the flavor of old good things, listening to the sound produced by exellent instruments.